ホーム歯周病治療 > 口臭について

口臭について

口臭とは?

あなたは「口臭の原因の9割はこれ」といわれるものが何か、知っていますか?
実は口臭は、歯や歯肉の健康状態と大きな関わりがあるのです。
口臭を気にしない人はいないでしょう。

しかし口臭は、強く感じる時と、そうでもない時がありませんか?
それにはちゃんとした理由があるのです。

口臭は特別なものではなく、誰にでも自然の口のにおいがあります。
口の中は湿気があって温度も高いため、食べカスなどがたまると雑菌が繁殖し、臭いを発しやすい環境になっています。

普段は唾液の抗菌作用によって、口臭も抑えられていますが、起床時や空腹時には唾液の分泌量が減るため、いつもより口臭が強く感じられます。


口臭の原因と治療法

歯周病
歯周病
口臭の原因として最も多く挙げられるのは、歯周病です。
歯周病は、お口の中が不衛生な状態によって起こる感染症で、歯周病菌が増殖し、歯を支える周りの組織に炎症が起こります。状態が悪化していると、汚れや膿からの臭いが強い口臭となります。この場合、歯周病の原因や要因を取り除く治療が必要です。

虫歯・不良補綴
虫歯・不良補綴
虫歯や、歯に合っていない詰め物や被せ物、お手入れをしていない入れ歯などは、汚れが停滞しやすく口臭の原因となる場合があります。
この場合、それぞれの治療が必要です。

だ液の量が少ない・口が渇きやすい
だ液の量が少ない・口が渇きやすい
だ液には洗浄作用や抗菌作用があり、お口の中の細菌の活動を抑える働きがあります。
元々だ液が少ない方や、口が渇きやすい方は、細菌が活動しやすく、口臭が強くなります。
この場合、歯科で検査を受け、定期的なメンテナンスで口腔ケアを行うことで口臭を抑えることができます。
また、鼻炎で鼻が詰まり、口呼吸をしているために口が乾きやすい方は、耳鼻咽喉科での治療も並行して行われることをおすすめします。

胃腸・消化器系など体の不調
胃腸・消化器系など体の不調
胃潰瘍や糖尿病などの全身疾患によって口臭が出ることもあります。
体の不調が原因であると疑われる場合は、医科(内科)での受診をおすすめします。

歯周病治療