ホームインプラント > 血液検査

血液検査

安全・確実にインプラント治療をするために・・・

患者さんのご希望により、インプラント術前の血液検査を行っております。
これにより、全身の健康状態を把握し、外科手術のリスクを回避致します。


術前検査の必要性

当院では、採血は院長が行います。インプラントが出来ない方の一つに、糖尿病の方や喫煙者の方がいます。

インプラントは金属チタンと骨がくっつく作用を利用した歯の回復方法で、糖尿病や喫煙者の方は、この骨とチタンが結合する作用が起こりにくい傾向があり、結果的に成功率が下がります。

血液検査では内科で行われる、10種以上の検査が可能で、主に白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・血小板数・血液中のタンパク質・脂質・糖質・酵素などの成分を調べ、血液中に含まれる様々な成分をチェックします。
その結果、肝疾患・心臓疾患・糖尿病・高脂血症・動脈硬化症などの疾患がわかります。
(さらに細かい検査も可能です)血液検査のみも受付しております。

こうした血液検査はインプラント治療を予定される患者さんに行っています。
インプラント治療以外の患者さんでも、ご希望がある場合やこちらで全身状態を把握したい場合に行うようにしております。
あらかじめ患者様の体の状態・疾患などを把握することで、安全・安心なインプラントのオペを行うことができるのです。

糖尿病の疑いのある方・喫煙をされている方は、なるべく食生活・運動や喫煙を見直し、手術当日までに、全身状態を少しでも改善することにより、「インプラントと骨の結合」を早めることが可能となります。

インプラント