ホームインプラント > 骨が足りない場合

骨が足りない場合

少なくなった骨を増やす方法

インプラントは骨(歯槽骨)に埋め込むものです。
よって、インプラントがしっかり埋まるだけの高さと厚みがなければ、インプラントは飛び出してしまい、治療ができないのです。

「顎の骨が足りずインプラント治療ができない」といわれることがあります。
しかし、そこで諦める必要はありません。骨が足りなくても、再生治療を行えばインプラント治療は実現します。

骨再生治療

骨が不足していてインプラント治療ができない場合に骨を再生する方法です。

▼ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎にインプラントを植立するときに、上顎の骨が薄くインプラントを埋入するだけの厚みが無い場合に行う、インプラント治療の技術の一つです。

インプラント体を埋入する部分から直接行う治療方法なので、手術も短時間で傷口が小さくて済み、術後の腫れや痛みもほとんどありませんが、シュナイダー膜までの骨の高さが5mm以上ある場合に適用でき、増やすことができる骨量には制限があります。

上顎洞のインプラントを植える穴(もとの歯が抜けた部分)から、骨のもととなる物質を入れて、
少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。

押し上げられた粘膜と、その間に詰まった骨のもととなる物質の分だけ、骨の厚みを増すことができます。そして、骨のもととなる物質が固まって、完全に骨になるのを待ってから、インプラントを行います。

ソケットリフト

▼サイナスリフト

上の奥歯にインプラントをするとき埋め込む部分の骨が5mm未満にまで吸収してしまっている場合に用いる骨誘導再生法のことです。上顎の骨の厚みが薄く(5mm以内)でも手術が可能です。



上顎洞と上顎との距離が狭く、ソケットリフトが行えない場合に選択される方法です。



上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下に拡大してくると同時に失った歯の顎の骨も痩せていくので骨の厚みが急激に減少していきます。そのため、インプラントを埋入する顎の骨の高さが不足してしまうのです。
そこでサイナスリフトという治療法を行い、その上顎洞に自家骨や骨充填材を継ぎ足しすることにより、インプラントを埋入する骨の厚みを確保します。

元の顎骨の厚みがある程度あれば、オペと同時に行うことも可能ですが、かなり骨が薄い場合はサイナスリフトを行い、6ヶ月ほど経過して骨ができ、厚みが十分になってから改めてインプラント治療を行います。

サイナスリフト

▼GBR法(骨再生誘導法)

GBR法は「骨再生誘導法」とも言い、吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる方法です。インプラントを埋入するためには十分な骨が必要となります。
具体的には埋入するインプラントの高さ(最低10mm)以上の骨と、インプラントの周囲に1mm以上の骨が必要になりますが、歯槽骨が薄くてインプラントを埋め込むだけの骨の厚みが足りない場合も、GBR法を行えばインプラントができるようになります。

GBR法

人工骨は一度吸収し、その後、血液の供給によって新しい骨ができます。
始めに填入した人工骨の全てが、新しい骨になるわけではなく、30%~40%が吸収され、約60%~70%程度の量の骨が新たにできます。

新しい骨ができるまでに、4~6ヵ月程度の時間がかかります。
1回で目標の骨の量ができない場合は、2~3回GBR法を繰り返します。

インプラント