ホーム入れ歯 > 入れ歯とインプラントの違い

インプラントと入れ歯の違い

入れ歯とインプラントはとても大きな違いがあります。
入れ歯治療は取り外し式の義歯を使用して、欠損した歯を補う治療法で、部分入れ歯と総入れ歯があります。

治療が簡単で短期間でできること、保険が適用される治療なので治療費が安く済みます。
ただし、噛む力が自分の歯の20~30%程度になってしまうという大きな欠点があります。

また、部分入れ歯は前歯や奥歯など、両隣の歯にバネをかけて義歯を固定します。
クラスプを引っ掛けた歯に大きな力がかかるため、それが負担となり健康な歯を痛めてしまうことがあります。
総入れ歯は上顎は口の粘膜に密着し、下顎は歯茎の上に装着します。
口全体を覆ってしまうことになるので、入れ歯の素材によっては、食べ物の味や温度を感じなくなることがあります。

また、入れ歯が合わないと外れやすかったり、思うようにうまく噛めない、痛みがあるなどの問題が生じやすくなります。

インプラント治療の場合は、費用が高額になりますが、自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来るだけでなく、しっかり固定されているので入れ歯のように外れるということがありません。
見た目も自然で、金具が見えるといったこともないのです。
それぞれのメリット・デメリットを知り、ご自身に合った治療を患者様にお勧めしています。

部分入れ歯

保険適応のため費用が安い
健康な歯にバネをかけて部分入れ歯を固定させるたため、負担がかかる
違和感がある
約1~2ヶ月の治療期間がかかる(要調整)
発音が悪くなる事がある
毎日取り外して洗浄しなければいけない
保険適応のため費用が高くなる
バネがないので自然に仕上がる
違和感がなく清潔に保てる
3ヶ月~10ヶ月程度治療期間がかかる
自然の歯と同じお手入れで良い

総入れ歯

保険適応のため費用が安い
入れ歯と歯肉で支えているので、顎骨の量が少ないとガタついてしまう
粘膜を覆うので、味覚が感じにくくなる場合がある
約1~2ヶ月の治療期間がかかる(要調整)
毎回取り外して洗浄しなければいけない
保険適応のため費用が高くなる
インプラントが顎の骨に固定されているのでガタつきや痛みを感じたりすることはない
特別な障害が無い限り取り外す必要がない
違和感がなく清潔に保てる
3ヶ月~10ヶ月程度治療期間がかかる
自然の歯と同じお手入れで良い

歯周病治療