ホームインプラント > インプラントの治療例

インプラントの治療例

症例1

下顎の右側臼歯部が一本欠損(54才/男性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを埋入。審美性も考慮し、セラミックにて修復。
他の部位に以前ブリッジ治療を行ったが、汚れが溜まりやすくケアが大変だったが、インプラントにして自分の歯と同じように噛め、ブリッジより掃除がしやすく臭いも気にならなくなったとのこと。
インプラントを入れてよかったと満足していただきました。

症例2

下顎の右側臼歯部が一本欠損(39才/女性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを埋入。咀嚼の際に違和感があるとのことで、咀嚼機能改善を第一目的とし、咬み合う面は金属を用いて修復。
今まで噛みにくいことが度々あったが、インプラントを入れたおかげで食事に困ることはなくなった。
また、治療前の説明等とても丁寧で安心して治療を受けることができたとのお言葉をいただきました。

症例3

上顎の左側臼歯部が一本欠損(50才/男性)


使用メーカー:バイオホライズンインプラント

欠損部にインプラントを1本埋入。咀嚼機能の回復が目的であったため、金属にて修復。
ブリッジは隣の健康な歯を削ることになり、また、両脇の歯が長く持たない可能性もあるためインプラントを選択。
治療後は全く違和感なく、良い選択をしたとご納得していただきました。

症例4

下顎の左側臼歯部が3本欠損(41才/女性)


使用メーカー:ノーベルバイオケアインプラント

欠損部にインプラントを3本埋入。審美性も気にされており、セラミックにて修復。
歯が3本無いのがとても気になっているものの義歯を使うのに抵抗があったため、インプラントを選択。自分のもともとの歯と同じ感覚で、本当に良い治療をしていただき感動しているとのお言葉をいただきました。

症例5

下顎の右側臼歯部が2本欠損(40才/男性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを2本埋入。手前は審美性も考慮しセラミックにて、奥側は金属にて修復。
今まで、右側ではなかなか噛むことができなかったそうですが、治療後は前と同じように噛めてお食事が楽しめていらっしゃるそうです。
インプラントを入れた甲斐があったとおっしゃっていました。

症例6

上顎の右側臼歯部が2本欠損(50代/女性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを1本埋入。審美性も重視したいとのことでセラミックにて修復。
奥歯がないことで、お食事の際苦労しておられたそうです。
インプラントのおかげで硬いものも食べられるようになり、また、色も本物の歯と同等であり、大変満足していただけました。

症例7

下顎の右側臼歯部が1本欠損(49才/男性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを1本埋入。側面の見える部分は白く覆い、咬み合う面は金属にて修復。
ブリッジも検討されておりましたが、両脇の健康な歯も削らなくてはならないため、インプラントを選択されました。
結果、自分の歯で噛む感覚が戻り、満足していただきました。

症例8

下顎右側の臼歯部が3本欠損(51才/男性)


使用メーカー:アストラインプラント


欠損部にインプラントを2本埋入。術後、歯肉の状態が落ち着くまで少し時時間を置いた後、ブリッジにて修復。審美性も気にされており、セラミックを用いました。
奥歯がないことで噛めなくなり、食事の際、不便を感じていらっしゃったそうです。
インプラントは、自分の歯で噛んでいる感じがし、また外見も元の歯と遜色がなく、大変感激していただけました。

インプラント