ホーム > インプラントとは

インプラントとは

まるで天然の歯のような見た目や噛み心地

歯周病や虫歯などで歯を失ってしまった場合、これまでは「入れ歯」や「ブリッジ」が利用されてきました。
しかし、これらの治療法では、十分な噛み応えが得られなかったり、周囲の健康な歯に負担をかけてしまったりといった問題点がありました。

インプラントはチタン製の人工歯根を、歯を失った部分の顎の骨に埋め込み、その上に歯冠を装着させるという治療法です。
人工歯根が骨と直接結合するため、本物の歯と同じように長期間安定して噛むことができます。
チタンは強度が強く、体内で腐食することがありません。
身体に害を与えない為、安全性の高い治療法なのです。

また、本物の歯と同じような見た目を取り戻すこともできます。
「第二の永久歯」や「第三の歯」とも呼ばれています。


インプラントの構造

インプラント治療のメリット

・自分の歯と同じように食事ができる

インプラントは入れ歯とは違い、歯にしっかりと固定されるので、硬い食べ物もしっかり食べることができ、食べる楽しみを取り戻すことができます。
入れ歯のように食べ物が中に入り込んで痛い思いをすることもありません。

・天然の歯とほぼ見分けがつかない

ほぼ自分の歯と同じような機能を持ちながら、審美性にも優れています。
入れ歯の場合、金属のバネが目立ち気にされることも多いですが、インプラントはセラミックの人工歯を使用するので見た目が自然です。人前で笑ったり、話していても気になりません。

・他の歯に負担がかからない

入れ歯の場合だと、金属のバネをかける健康な歯に負担がかかります。
また、ブリッジの場合でも健康な隣の歯を削る必要があります。
バネをかけたり歯を削ったりすると、歯の寿命は短くなり、最終的には負担がかかった歯、削られた歯も抜けてしまいます。
インプラントは歯を失った部分にのみに治療をする方法ですので、周りの健康な歯に負担がかかることはありません。残った歯の寿命を保つことができます。

・面倒なメンテナンスが不要

入れ歯は手入れも必要で、洗浄したり保管したりすることを面倒だと思われる方も多いでしょう。
しかし、インプラントでは普段のブラッシングに加え、歯科医院での定期健診を継続することで、
長期に渡って使用でき、入れ歯のような面倒なメンテナンスを行う習慣は必要ありません。

インプラント治療のデメリット

・費用が全額負担となる

インプラント治療は自由診療となり、保険が適用されませんので、治療費が全額自己負担のため高額になります。

・治療期間が長い

インプラント(人工歯根)が顎の骨に結合するまでは、少なくとも6週間は必要です。
また、個人差はありますが、顎の骨の状態によってはさらに3ヶ月程度待たなくてはならなかったり、インプラントの埋入以前に顎の骨を強化する治療が必要になったりすることもあります。

・治療ができないケースもある

進行した全身疾患(心臓病、高血圧、糖尿病など)の方の場合には外科手術を伴う為、麻酔などのリスクが高いためにインプラント治療が行えないこともあります。

インプラント治療の流れ

①初診・カウンセリング・説明

初診・カウンセリング・説明

患者様のご希望をじっくりお聞きし、お口の状態を確認させていただきます。
インプラント治療についてのご説明をいたします。


②検査と診断・説明

検査と診断・説明

歯科CT、口腔内写真などの検査を行います。検査結果から診断を行います。
その診断結果をもとに治療方針を立案し、ご納得いただけるようわかりやすくご説明します。


③一次手術

一次手術

口腔内の状態が整ったら、顎の骨に人工歯根を埋め込みます。
局部麻酔で行うため、痛みはほとんどありません。


④抜糸

抜糸

一次手術後1~2週間たってから様子を見て抜糸を行います。 同時に患部の経過を確認します。


⑤安定期間

抜糸

個人差がありますが、仮の歯を作り2~3ヶ月程度の安定期間をおきます。
フィクスチャーと骨が結合するのを待つ期間です。
※all-on-4(オールオンフォー)の場合、この期間が短くなります。


⑥二次手術

二次手術

上部構造(人工歯)を取り付けるためのアバットメント(土台)を装着します。
この状態で歯茎が安定したら、上部構造(人工歯)を取り付けます。
※1回法という手術法では、一次手術においてインプラントは頭出しされているために この手術ステップはありません。


⑦メンテナンス・定期検診

メンテナンス・定期検診

インプラント治療後も定期的にお口の中を確認し、トラブルが起こらないようメンテナンスを行います。
定期検診を受けることで、インプラント周囲炎を予防することができます。
口腔内の状態にもよりますが、半年に1回程度の定期検診の受診をお勧めします。