ホーム入れ歯 > 保険適応の入れ歯

保険適応の入れ歯

部分入れ歯

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合の対処法の一つに、部分入れ歯(部分義歯)があります。
保険治療の場合には、金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。


総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療があります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。


レジン床義歯


保険適応の入れ歯の場合、プラスティック樹脂のレジン床を使用しますが、 レジン床は治療費が安いというだけで機能性は乏しいのです。

▼メリット
治療費が安い
▼デメリット
強度の面で金属床より劣る
食事などで、冷たい熱いなどがわかりにくい
装着部分(床)に厚みがあるので違和感がある
用いる金属の留め金が限られる為、目立ちやすい
汚れが目立ち、匂いがつきやすい

日本の歯科において保険で治療できる材質は、非常に悪いです。
一日も早く、良い材質のものが保険で提供できる時代になることを願ってやみません。


自費の入れ歯

自費で制作する入れ歯は、レジン床と違って材質・精度がまったく異なります。 そのため、患者様ひとりひとりのお口にあった入れ歯を作製することが可能です。 入れ歯の煩わしさにお困りの患者様はぜひとも当院の超精密義歯のページをご覧ください。

歯周病治療