ホームインプラント > 光機能化とは

光機能化とは

骨との結合を高める光機能化インプラント(アフィニー)

光機能化とは、簡単に言うとインプラントを作ったばかりの状態に戻し、なおかつ滅菌した上、さらに骨とインプラントが結合しやすい状態に改変する技術です。

インプラントは、チタンという金属でできています。
このチタンは経年的にどんどん表面が酸化していきます。
これを「チタンエイジング」と言います。

残念ながら、スーパーのお惣菜のように、いつの何時に製造したとは記載されていません。書いてあるのは、有効期限だけです。そのインプラントが、何年前に作られて、倉庫にどれほどの期間保管されているのかは、誰もわからないのです。

光機能化とは

エイジングする機器「アフィニー」



エイジングを起こしたインプラントにアフィニーで光を照射することによって、インプラントと骨との結合率が約55%から、なんと!約100%の超結合(スーパーオッセオインテグレーション)をするという、研究結果が出ています。

この治療では結合能力を高めるほかにも、インプラント表面の血液に対する親和性を高めたり、
インプラントの周囲に、形成される骨を増やしたりする効果もあります。

光機能化技術は、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の小川隆広終身教授によって開発された、インプラント素材であるチタンのエイジングにより、低下した結合能力を再び取り戻す画期的な技術です。
インプラント表面に、一定の波長の光を当てることによりチタンのエイジングを回復し、顎の骨とインプラントが結合しやすいようにします。

骨との結合を高める光機能化インプラント

インプラントのより強固な接着を導ける
インプラント治療の成功率を高める
結合までの期間を短縮できる
難症例における治療成功の信頼性を高める
骨造成手術など外科処置の回避につなげられる(顎の骨の形成を助ける)

インプラント