ホーム審美歯科 > メタルボンド

メタルボンド

外から見える部分はセラミックで、中身は金属

内側が金属で強度もかなり強く、外側をセラミックで作っているため、変色もせず、見た目もとてもきれいな歯の色に見えます。
また、金属補強しているので、繋げてブリッジにすることも可能です。

▼治療例

八重歯の矯正治療例

▼メタルボンドの特徴

仕上がりが歯の色に似ているので見た目が良い
中身が金属なので、割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる
ブリッジにも使用できる

▼メタルボンドのデメリット

裏側からは金属が見える
色調はオールセラミックに劣る
経年により歯茎が下がり、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことがあり、歯茎の変色や金属アレルギーを引き起こす可能性もある
保険適用外なので値段が高い

審美歯科