ホーム入れ歯 > 部分入れ歯

部分入れ歯(部分義歯)

入れ歯には、全ての歯を失ってしまった場合の総入れ歯と、歯を1本失った方から数本しか残っていない方が装着する部分入れ歯との2種類があります。

部分入れ歯の特徴

代表的なものは歯に引っかかる針金の様なもので、入れ歯を歯に固定し安定をさせ、ものを噛む時の圧力を歯に分散し、歯肉への圧を軽減さるなどの役割があります。しかし総入れ歯では全てが歯肉への負担となります。

ブリッジに比べ、部分入れ歯は、歯を削る量が少なくて済み、
またブリッジを装着できない、多数歯を失ってしまった場合にも適応できます。


しかし部分入れ歯は、ブリッジとは異なり噛む力が自分の歯の半分程度しか回復せず、
外食先でも食べ物が挟まったりしたら外して清掃しなければならないことや、固定式でないため、毎回着脱する必要があり、装着時にも違和感があります。

その他の治療法

保険適用で費用負担が少なく、ほぼ自分の歯と同じくらい噛めるようにしたい

両隣の歯を犠牲にすることなく、綺麗な自分の歯と同じように噛めるようにしたい

歯周病治療