ホーム歯周病治療 > プラークコントロール

プラークコントロール

プラークコントロールとは

プラークコントロールとは簡単に説明するとお口の中の細菌(歯垢)を減らす事を言います。

プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!

この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができます。

プラーク内の歯周病の原因菌の繁殖を抑え、住みにくい環境にすることで、歯周病の進行を止めることができ、初期の歯周病であれば、治すことができます。

▼プラークコントロールする方法として・・・

1.手用歯ブラシや電動歯ブラシによるブラッシング
2.デンタルフロスやインターデンタルブラシなどの歯間清掃用具による清掃
3.家庭用口腔洗浄機による清掃
4.定期的な歯石取り
5.虫歯の治療
6.規則正しい生活(食生活)

なかなか難しいことと思うかもしれませんが、普通に生活していてもプラークコントロールさえ出来ていれば、比較的簡単にケアできるものです。
まずは、毎朝お口の中をチェックすることから始めましょう。


チェック項目

  • チェック項目①

    歯の色(奥歯や裏側も)

  • チェック項目②

    歯肉の色

  • チェック項目③

    歯と歯肉の境目

  • チェック項目④

    歯と歯の間

  • チェック項目⑤

  • チェック項目⑥

    口臭

これらを、毎日チェックしましょう。
美しい歯や歯ぐきのために一番大切なケアは、虫歯や歯周病の元凶となる歯垢(プラーク)を取り去ることです。
食べたらすぐにプラークコントロールの習慣を!

歯周病治療