ホーム審美歯科 > ジルコニア

ジルコニア

審美性、耐久性に優れた素材

ジルコニアは非常に硬いセラミックで、審美性・耐久性に優れた素晴らしい素材です。
セラミック(陶磁器、ガラス)の1種ですが、ダイヤモンドに近い硬度と屈折率をもつ美しさから、人工ダイヤとも呼ばれています。
金属よりも硬く、粘り強さもあることから、スペースシャトルの外壁に使用されていることも知られています。

▼治療例

治療例

▼ジルコニアの特徴

歯の色に似ているため見た目が良い(透明感がある)
硬い素材で割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯茎の変色や金属アレルギーになる心配がない
仮止めで様子を見ることができる

▼ジルコニアのデメリット

歯を削る量が比較的多い
色調はオールセラミックに劣る
天然歯より硬いため、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがある
経年より歯茎が下がり、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
保険適用外なので値段が高い

審美歯科