ホーム > 歯と健康の関係性

歯と健康の関係性

健康な口の中は健康な体から成り立ちます

口の中を健康にすることは、体全体の健康を保つためにはとても大切なことです。
歯や歯茎を健康にすることが、他の病気の原因となる細菌のすみかを除去し、健康で長生きをすること、つまりアンチエイジングにつながるのです。
口内環境を整えて、健康な生活を送りましょう。

予防するには

歯と健康の関わり

歯と健康にはどんな関係があるの?
と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、1本でも歯が痛かったり、グラグラする、抜けているなどという症状があると、良く噛めません。良く噛めないということは、いろいろな弊害が出てきます。

例えば、体のバランスが悪くなるということが挙げられます。
スポーツをする時や重い物を持ち上げたりする時には、しっかりと歯を噛みしめます。
そうすることによって、全身の力を最大限発揮できたり、集中力を高めたりできるというわけです。

また、ご高齢の方などは、特に噛み合わせが悪いと転倒しやすいです。
歯を治したら杖がいらなくなった方も中にはいらしゃるのです。
他には、認知症とも関わりがあり、良く噛むと脳の血行が良くなり、認知症の予防になるという研究結果もあります。

虫歯と並んで重要といわれる「歯周病」と、生活習慣病の一つである「糖尿病」には深い関係があり、歯周病の治療をすると糖尿病が改善されたり、糖尿病の方は歯周治療の結果が思わしくなかったりする傾向があります。

他にも様々な関係がありますが、大切なことは歯の病気をそのまま放置しておくと、知らず知らずのうちに多くの全身の病気の引き金になっているということなのです。

全身疾患の原因の一つである、歯周病に関しては「予防」する事で防ぐことができます。
当院では、「予防」にも力を入れ歯周病から、歯を守る診療を心がけております。