いわき市のしんデンタルクリニックの詰め物・被せ物費用

詰め物・被せ物の費用

  1. ホーム>
  2. 費用/料金>
  3. 詰め物・被せ物の費用

詰めもの・被せものが外れてしまったら…

これらの詰めものや被せものは、どうしても年月が経過すると外れてしまう可能性が出てきます。万が一外れてしてしまった場合、虫歯になっていなければそのまま付け直すことが出来る可能性もありますので、できるだけ早めに当院にお越しください。

当院では、接着性が高く溶ける可能性がないものを使用しています。

インレーとは、歯の内側にする詰めもののことをいい、クラウンとは歯をぐるっと囲む被せものを言います。詰め物、被せものは、あくまで人工物です。その人工物をセメントといわれる接着剤で接着させるわけです。

ここで疑問がありますよね?
「はがれないの?」
「セメントは溶けないの?」

結論から言うと、はがれることも、溶ける可能性もあります。ひと昔前のセメントは本当に溶けました・・・
だから必要以上に深く削って外れにくくしたというわけです。当院では、ミニマムインターベーション(必要最小限に削って詰め、被せる)を行い、セメントもレジンセメントといわれる非常に接着力が高く、溶ける可能性がないものを使用しております。また削る際もマイクロスコープを使用し、可能な限り誤差がなくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

詰め物の料金

保険診療

※価格は全て税別です

名称 特徴 価格
税別
コンポジットレジン
(プラスチック)
歯の色に合わせることができる。
経年的に変色や着色がしやすく、磨り減りやすい。
¥700~
(3割負担の場合)
金銀パラジウム合金
(銀色の金属)
硬く強度はあるものの、色調が銀色になる。 ¥1,000~
(3割負担の場合)

自費診療の詰め物の料金

※価格は全て税別です

名称 特徴 価格
税別
e-max 天然歯に近い色を選択でき、程よい硬さで歯を痛めにくい。接着性が良く、治療箇所から虫歯になりにくい。 ¥49,800
ジルコニアインレー 透明度が高く、自然な色を再現できる。また、割れにくく金属を使用していないのでアレルギーが起こりにくい。 ¥59,800

被せ物の料金

保険診療

名称 特徴 価格
税別
硬質レジン前装冠 下地は金属で、見える部位を白い樹脂で覆ったもの。硬質レジン前装冠は犬歯までの上下12本の前歯のみ保険適用で、樹脂の色調は個人差はあるが経年で変わる。 ¥3,000~
(3割負担の場合)
硬質レジンジャケット 金属が使用されていないので、見た目が良いは強度がなく、奥歯に使用できない。色調は個人差はあるが経年で変わる。 ¥3,000~
(3割負担の場合)

自費診療の被せ物の料金

名称 特徴 価格
税別
e-max
(前歯)
透明度があり天然歯に近い色を選択でき、変色・劣化しない。金属を使用していないので、歯茎の変色やアレルギーが起こりにくい。 ¥100,000
e-max
(臼歯)
¥80,000
ホワイトクラウン 金属が入っているので強度があり、着色や変色しにくい。自費診療の中では安価格だが、選ぶ色の種類が少ない。また、プラークが付きにくい。 ¥49,800
ホワイトジルコニア 強度があり、変色せず、隣の歯の色に限りなく近づけることが出来るが割れやすい。金属を使用していないので歯茎の変色やアレルギーが起こりにくい。また、プラークが付きにくい。 ¥75,000
プロセラ
(ジルコニア)
透明度があり天然歯に近くできる。白い被せ物の中でも、一番硬いと言われるジルコニアの中でも硬く丈夫である。 ¥150,000
プロセラ
(アルミナ)
強度はジルコニアには劣るが、審美性があり天然歯に近くできる。(前歯によく用いられる) ¥120,000
メタルボンド 色調や見ためはセラミックより劣るが、金属を使用するので、丈夫で割れにくく長持ちする。色調を選ぶことができ、変色しにくい。矯正治療のように時間がかからず、短期間で治療が完了する。 ¥80,000