歯を失う最大の原因とは

歯を失う最大の原因

  1. ホーム>
  2. 歯を失う最大の原因

虫歯編

  • 虫歯をほっておくとどうなるか?

  • 痛みが出てくる。
    (神経の治療が必要になる可能性も)

  • 歯が溶けて抜かなくてはならなくなる。

  • 1本でも多く自分の歯で食事をしたいのであればきちんと正しいブラッシングを!

歯周病編

歯周病を放置しておくと、口臭や審美的な問題に加え、健康な歯を失い、咀嚼や発音に弊害をもたらします。また、歯周病で何が一番恐ろしいかというと、痛みがなく、知らず知らずに進んでいき、歯を抜かなくてはいけなくなるまでになってしまいます。支えとなる骨が溶けていく病気なので、インプラントや入れ歯もできなくなります。

原因は歯の周りにある、歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯茎(歯肉)が触れたり、歯茎から出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気のことを言います。歯周病菌は、自覚症状がないのですが、初期の段階では歯を磨く時に血が出るようになったり、歯茎に違和感を覚えたりするようになります。この段階では、誰もが歯周病だと気付きません。更に進行すると、歯がグラグラしてくるのですが、この段階では手遅れになっていることも多いです。

予防するには

歯を失わないためには、定期的なクリーニングと正しい歯磨き(セルフケア)が重要です。自覚症状が無い中で、歯周病に罹患しないようにするためには、日頃から予防をしておくことと、定期的な歯科検診を続けることです。しかし、日本人の多くは、歯科検診をあまり受けていません。小学校や中学校では、検診が行われていますが、大人になってから定期的な検診を受ける習慣がないのです。

日本人の80%以上が、歯周病にかかっている要因は、生活習慣の問題・ブラッシングやデンタルフロスを使うなどのセルフケアが正しく出来ていないこと・そして、日本人が歯周病に対する意識が薄いことです。しっかり説明いたしますので一度当院にお越しください。